2018年3月9日

100個入れて300個手放す

牧之原市で開催している『はりはら塾』
年10回講座で、2017年度の講座が先日終了しました。

1年を掛けてモノと向き合いながら、みんなで進めるのが魅力の連続講座です!

本当に、モノの出入りを意識してもらう1年になりました。

参加者さんの中でも、1番ストイックに家の中のモノを数えながらも進めてくれた方がいました。

最終日に発表してくれた内容の中に、
1年で手放したモノの数は、1年で家の中に入れたモノの3倍だったという結果が。

例えると1年365日で、
100個入れて、300個手放した。

コツコツ、モノと向き合ってくれた方の数字で表された結果は、大きな成果になったと感じました。

100個入れて100個手放しても、数は変わらない。

100個入れて200個手放したら、少しは見た目はかわるかな?くらい。

100個入れて300個手放すのは、出入口にかなりの意識をかけ、入ってくるモノの質も変わったかも。

手放す方だけでは変わらない。
今度は入れる方もと意識を変えて欲しい。

2018年度も4月よりスタート☆